着床前診断

    ここでは、着床前診断 に関する情報を紹介しています。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【周期5日目 36.40℃】

    基礎体温:低温期5日目

    体調:生理もほとんど終わってきました。

    -----------------------------------------------------------------

    昨日(おとといだったかな?)のテレビで、着床前診断のことが放送されていました。

    少し前から話題になっているのでご存知の方も多いとは思いますが、知らない方のために・・
    着床前診断とは、受精卵が子宮に着床をする前に受精卵の染色体や遺伝子の検査を行うことです。

    この検査によって、受精卵が正常であるかどうか(奇形ではないか)、性別などが分かるそうです。

    ↓↓ 長いです^^;

    通常、受精卵のうち正常なものは約20~30%と言われます。

    受精卵が正常でない場合は着床できずに妊娠成立せずに終わる、もしくは着床出来ても流産となり妊娠継続が出来なくなります。

    つまり着床前診断を行い、正常な受精卵だけを子宮に戻すことで不妊・流産を防ぎ、妊娠→出産が可能となるという事です。

    これが今、生命の選別になるのではないか・・という事で論争を生んでいますよね。。

    日本産婦人科学会では、重大な遺伝病である場合を除いて着床前診断を認めてはいません。
    (まだ1例も認めていないそう)

    しかし神戸の産婦人科医である大谷医師は、学会の意志に反して着床前診断を行っていたとのことで、4月に学会を除名処分されています。

    男女の産み分けに検査を、また習慣性流産の患者に検査をして、妊娠されているそうです。
    学会では着床前診断を認めてはいないけど、法的な規制はないそうなんです。

    着床前診断によって、不妊症の方や習慣性流産の方が妊娠し出産する事が可能である・・これが一番の利点のようですね。

    さらにこの診断によって、男女の産み分けまでも出来てしまう、障害のある子は選ばれない・・これが命の選別となり生命の倫理に反するのではないかという考えもあり問題となっています。



    しかし、この生命の選別・・・の問題。

    大谷医師は、着床前診断が生命の選別ならば、現在認められている出生前診断は生命の選別ではないのか??と訴えています。

    出生前診断とは、妊娠している女性が羊水検査などによって胎児が異常でないか、障害を持っていないかなどの検査を行うことです。

    この検査はほとんどの産婦人科でも行っているそうで、障害の可能性があると分かって人口中絶を行う方もいます。

    妊娠中には産婦人科で胎児の男女だって教えてくれますよね・・それが希望の性別ではなかった場合に人口中絶を行う人だっているそうです。

    たしかにそれは生命の選別ではないのでしょうか?

    もう後、生まれてくるだけなのに検査をする必要があるのか・・という事です。


    もちろん、これは色々な意見があると思います。

    私はこの着床前診断によって、7回も8回も流産をしたが妊娠→出産をし赤ちゃんを授かりましたというご夫婦がテレビに出ていたのを見ました。

    私がもしそうだったら、どうするんだろう?って思いました。

    やはり何としても赤ちゃんがほしい・・1%の可能性でも頑張るか。

    もしくは夫婦二人で生きていく道を選ぶか・・。

    これは実際になってみないと分かりませんね。


    しかし私が思うのは着床前診断の問題を取り上げる以前に、出生前診断や人口中絶について、見直した方がいいと思います。

    私は人口中絶については、様々な事情があると思うので否定はしません。

    でもこれからの少子化の時代で、不妊症や流産の問題もどんどん深刻化してくるだろうと私は思います。
    着床前診断についても色々な意見がありますが、いずれは学会でも認められるような気がします。

    私は、現在の制度では子供を産まない選択が出来るようになっているのだから、子供を産みたいと願う人にも着床前診断という利点を生かして、少しでも可能性を広げてほしいと思います。

    どう思いますか??

    (ただ、この診断は不妊治療で行う体外受精によって進められるものなので、正常な受精卵を選んでも妊娠の確率が決して高くは無いし、1回の費用も数十万とかかるそうです。)


    はじまった着床前診断
    はじまった着床前診断

    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
     こんにちは。もちろん色々ルール決め等は必要だと思いますが、基本的には賛成です。神戸で着床前診断を行っている大谷先生が、「『重大な病気の遺伝の可能性がある場合に限る』と言うが、何度も流産を繰り返す女性の苦しみは計り知れない。『重大かどうか』は本人が決めること」とおっしゃっていました。体外受精時にいくつかの受精卵からお腹に戻す際、最初から育たない卵よりも、少しでも確率の高い卵を無駄にすることなく戻してあげられたら…。結局は赤ちゃんの命を救うことにもなると思うのです。
    2005/10/09(日) 16:32 | URL | mami #-[ 編集]
    mamiさんへ
    コメントありがとうございます!
    そうですね、学会では習慣性流産は重大な遺伝病には当てはまらないと言っているみたいですね。。
    私も正常な受精卵を子宮に戻すことが、生命の選別になってしまうのか・・それは疑問です。育たないと分かっている異常がある受精卵を子宮に戻しても意味がないことですしね。。
    濫用されないようには規制をするべきだとは思いますけど、少しでも医療の進歩として、不妊症や習慣性流産で苦しんでいる方の救いになればいいですよね!
    2005/10/09(日) 22:57 | URL | ままこ #-[ 編集]
    難しい問題ですね
    ん~とても難しいですね。
    私とかは考えが甘いかもしれませんが、基本的には自然にまかせたい派です。
    でも3,4年後の状態によっては考えが変わるかもしれないです。
    その時にまだ子供が授かっていなければ、やはりどんな事をしても、
    藁をもつかむ思いでいろいろな事を試すかもしれない。
    今の時代はいろいろ医療技術も進んでいき、それで救われている方々はたくさんいると思うので、プラスの面が多いとは思いますが、
    自然界に背くような事が全ていいとは言い切れない面もあると思います。
    そしてこの事は今後消える事のない問題となりうるでしょうね。
    ほんと、難しいです。なんか中途半端ですがこれが私の意見かな。
    2005/10/10(月) 15:11 | URL | ゆっち #-[ 編集]
    1%の可能性にかけるか…、たぶん私たちは、夫婦二人で生きていく道を選ぶような気がします。出生前診断、すごく難しいですよね。実際に妊娠した友人も、この診断を受けるかどうかで夫婦の意見がわかれたそうです。私は実際にそうなってみないとわからないかなぁ…。着床前診断については、出生前診断が認められるのなら、この診断も認められてもいいのではないかなって思います。
    2005/10/10(月) 15:31 | URL | まぁち #-[ 編集]
    ゆっちさんへ
    コメントありがとうございます!
    実際、ほんとに難しい問題ですよね。
    子供を授かるって、科学的なことだけではなく、未知の部分も秘めているような気がしますしね。
    私ももし数年後に出来ていなかったら、どうなっているのか・・やっぱり私もゆっちさんと同じで自分がそういう状態にならないと、分からないです。
    自分はどうかは別にしても、藁をもすがる想いで子供を望むことは私は悪いことじゃないと思うんですよね~そういう方の為にも利点を生かした形で認められたらな・・とは思いますね。
    2005/10/10(月) 19:56 | URL | ままこ #-[ 編集]
    まぁちさんへ
    コメントありがとうございます!
    まぁちさんは、1%の可能性よりは夫婦二人での道を選ぶって感じなのですね~
    私は自分だったら・・と思うと諦められるのかなぁとも思ってしまうし、でも追い詰められたら疲れて止めてしまうかな。。
    それか年齢的な限界までは頑張るかもしれないです。
    う~ん、難しいですね!

    お友達は出生前診断、迷われたんですね。やっぱりみんな迷う問題ですよね・・。確実ではない部分も多いようなので、私はそれは受けないかな、と思ってます。
    2005/10/10(月) 20:05 | URL | ままこ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mamako0428.blog18.fc2.com/tb.php/73-ece54797
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。