子宮ガン検査、受けたことありますか?

    ここでは、子宮ガン検査、受けたことありますか? に関する情報を紹介しています。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    久しぶりの更新です^^;

    妊娠を希望している方がたくさん見てくれてるみたいなので、気になったことを・・。


    子宮ガン検診を受けたことがありますか?
    私は二十代で2回受けました。

    30代になったので、これからは毎年受けようと思っています。
    乳ガン検診もそろそろいかなきゃです・・

    最近、「20才~30才代の子宮ガンがすごく増えている」そうです。

    子宮ガンの原因は、「ヒトパピローマウィルス」という菌が原因だということが分かっています。
    このヒトパピローマウィルスは、性交渉で男性からもらうものです。

    なので、性交渉が1度でもあれば、誰でもなる可能性があるということ。
    昔に比べて性交渉の若年化のため、子宮ガンが増加しているんです。

    市町村での子宮ガン検診も以前は30歳からとなっていましたが、今は20歳から受けれるように改定されています。

    でも子宮ガン検診の受診率は、20歳代で数%ととても少ないんです。

    きっとまだ20代だと「ガンは自分には関係ない」そんな風に思っているからかもしれません。
    あとは「面倒くさい」「痛そうだから・・」とかかな?

    でも早期発見できなかったら、もっと辛い思いをします。
    だから、一人でも多くの方に検診を受けてほしいです。

    子宮ガンって「初期の段階で発見できれば、ほぼ100%治る」そうです!
    それに、子宮ガンは「ガンになる一歩手前でも分かる」んです!


    子宮ガンには2種類あって、子宮頚癌(しきゅうけいがん)と子宮体癌(しきゅうたいがん)があります。

    子宮頚ガンは、子宮の頚部(入り口)に出来るガンで子宮ガンの7割はこれです。

    子宮体ガンは、子宮の奥に出来るガンで、頚ガンに比べて割合は低いようです。


    もちろん検査も2種類ありますが、両方受ければベストです!  
    受けたことが1度もない方は、せめて子宮頚ガンは絶対受けましょう。


    子宮頸がんの検査はほとんど痛みはありません。
    子宮体癌の検査は、個人差があるようですが、少し痛みがあります。 

    でも私は子宮体癌の検査も痛くなかったです♪


    赤ちゃん待ちをしているなら、なお受ける必要があります!

    妊娠してから、もし子宮ガンがあることが分かったら・・
    すぐに治療することは出来ないし、場合によっては赤ちゃんが産めないかもしれない。

    そんな悲しいことにならないためにも、ぜひぜひ妊娠前に受けておいてほしいと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://mamako0428.blog18.fc2.com/tb.php/192-a57e2788
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。